Travel

海外旅行で余ったお金(小銭)の換金|処理方法【タンスの肥やしになってない?】

こんにちは、ノマド航海士のナオマツモト@naosuke_shipです。

 

キリンくんA
キリンくんA
海外旅行で余ったお金どうしよう。。

 

旅人あるあるなのですが、旅をしているといろんな国のお金が少しずつ溜まっていくんですよね。。今回は海外旅行に行って余った外貨の処理方法を共有したいと思います。

それではいきましょう!

 

海外旅行で余ったお金の処理方法6選

外貨を処理する方法は下記のようものがあります。

  • ポケットチェンジ(電子マネーに交換)
  • 空港で募金
  • 次回の旅行のために保管しておく
  • 友人にあげる、旅仲間と交換する
  • ドンキホーテで使用
  • 銀行で両替

ポケットチェンジ

交換可能外貨

◎硬貨+紙幣
米ドル|ユーロ|中国元|韓国ウォン|日本円

◎紙幣のみ
香港ドル|タイバーツ|台湾ドル|シンガポールドル|ベトナムドン

◎対応通貨の詳しくはこちら

【交換先】

楽天Edy|Amazonギフト券|PASMO|Suica|iTunesなど

日本へ一時帰国した際に利用して、Amazonギフト券と交換したのですがこれは本当に便利だなーと思いました。

交換先の詳しくはこちら

【設置場所】

日本全国の空港や街に設置されています。

羽田空港|成田空港|HIS|ホテル|ドンキホーテなど約30ヶ所に設置

設置場所の詳しくはこちら

【使用方法】

①交換先サービスを選択
②現金を投入
③交換先サービスを決定、交換を完了

操作はとても簡単で、機械の指示にしたがってタッチしていけば問題なく交換出来ました。

◎使用方法の詳しくはこちら

空港で募金

大体どこの空港でもユニセフなどの募金箱が設置されていることがあるので、余ったコインを募金するのもいいですね。

それにしてもあの募金箱の硬貨を分別するのは、人がやってるのでしょうか。。。

次回の旅行のために保管しておく

米ドルやユーロは次の旅行で再度使う可能性が高いので保管しておいて損はないと思います。僕自身、海外を周っているときには米ドルを常に持っています。

友人にあげる、旅仲間と交換

上記に書いたメジャー通貨以外は、もし旅行先が合えば家族や友人にあげたりするのがいいですね。単純にお土産として渡すのもあり。

他には同じ宿にいる旅仲間と、

旅人
旅人
お、トルコ行くの?じゃあリラ余ってるからあげるよ!
ナオマツモト
ナオマツモト
ありがとう、次インド行くんだよね?自分はルピーあるから交換しよー!

みたいなやり取りがよくあります。これはお互い助かりますね〜。

ドン・キホーテで使用

ドン・キホーテでは紙幣のみですが、支払い時に外貨が使えます。特に使用する予定がなく、タンスの中で眠っているだけの外貨は勿体無いので使いましょう。

【紙幣のみ】
米ドル|ユーロ|中国元|韓国ウォン|香港ドル|台湾ドル|タイバーツ

銀行で両替

多くの銀行で外貨両替をすることが出来ます。

しかし、高い手数料がかかることや紙幣のみしか両替することが出来ないのでどうしても円に変えたい時だけ利用するのが良さそうですね。

海外旅行でお金(小銭)を余らせないコツ

必要な分だけ下ろす

あらかじめその国の物価や交通機関の料金を調べ、必要な分だけお金を下ろしましょう。

◎基本支払いは

  • レストラン、高い買い物などはカード払い
  • ローカル飯店、公共交通機関では現金

といった感じで使い分けるといいですね。

空港で使い切る

免税店で硬貨+クレジットカードで使い切るのが一番いいですね。

僕は次の国に行くときにわりとお金が余っていたら、旅に必要なもの(洗面用具などの日用品)を買います。

海外旅行で余ったお金(小銭)の処理方法まとめ

ある調査によると、外貨は多くの家に眠ったままの状態だそうです。

とにかく外貨を日本に持ち帰らないと決めるのがいいですが、それでも余ってしまうこともありますよね。使う予定がないのなら、そのままでは勿体無いので上記の方法で交換しに行きましょう。

頻繁に海外へ行く方は、外貨を換金すると手数料がかかってしまうでそのまま保管して次回の旅行に使うのがベストですね。

 

ではでは、ごきげんよー!!