Ship

船乗りの英語|乗船中に英語って使うの?

こんにちは、ナオマツモトです。

 

キリンくんA
キリンくんA
船乗りに英語って必要?
キリンくんB
キリンくんB
どんな時に使うの?

 

グローバル化が進む昨今では、内航船でも英語が必要となるのでしょうか。今回は船乗りの英語について共有したいと思います。

それでは、いきましょー!

  • 船乗り→Sailor
  • 航海士→Navigation officer|Mate
  • 機関士→Engineer

※ここでは内航船かつ外国人船員との会話があるかどうかに絞らせていただきます。

◎内航船とは日本国内のみを航海する船のこと

◎外航船とは海外航路を航海する船のこと

内航船で英語は必要?

結論から言いますと、最低限の英語は必要です。

とはいっても、使う単語やフレーズはほぼ決まっているのでそこまで心配ありません。

どんな時に使うのか見てみましょう!

内航船で英語を使う場面

VHFの使用時

航海中にVHF(無線)で外国船を呼び出す時があります。

ほとんどが避航動作についての会話です。”左舷対左舷で(お互い相手の船を左に見て)いきましょう”であったり、外国船を追い越すときに”貴船(外国船)の右後ろから追い越しますね”といったやりとりになります。

外国船との荷役中

タンカー船などはたまに外国船と沖荷役をすることがあります。

沖荷役とは、外国船が沖で錨を打ち船を止め、その隣に自船が横付け(船同士をロープで固定)し海上で荷物のやりとりをすることです。

重油や化学薬品など液体の荷役は専用のホースを使いポンプで送りこむので、ホースの取り付け時に外国人船員と話す機会があります。

実際に英語でどんな会話をしているの?

会話というよりも割と単語に近いやりとりが多い気がします。変に文章にするよりも伝わりますしね。

◎それではVHF(無線)での簡単な会話を見てみましょう。

例)

  • 外船名→Diamond Ocean
  • 自船名→Nippon-maru

 

ナオマツモト
ナオマツモト

Diamond Ocean、Diamond Ocean.
This is Nippon-maru、Nippon-maru.

Ch08 please.

外国人船員
外国人船員

Nippon-maru、Nippon-maru.
This is Diamond Ocean.

Ch08.

※航行中は通常、呼びし用のCh16に設定しています。海上保安庁からの無線で海上安全情報なども流れます。

ナオマツモト
ナオマツモト

Diamond Ocean、Diamond Ocean.
This is Nippon-maru.

Port to port, please.

※チャンネル変更によりしっかり聞こえているかを確認するため、もう一度相手の船名を呼びます(2回繰り返す)

外国人船員
外国人船員

Nippon-maru.

OK.Port to port.

ナオマツモト
ナオマツモト

Thank you.

Back to ch16.

See you!

 

訳)

ナオ|Diamond Ocean、Diamond Ocean。こちらは日本丸、日本丸です。チャンネル08お願いします。
外船|日本丸、日本丸。こちらはDiamond Ocean。チャンネル08了解です。
ナオ|Diamond Ocean、Diamond Ocean。こちらは日本丸です。左舷対左舷でお願いします。
外船|日本丸。左舷対左舷、了解しました。
ナオ|ありがとうございます。それでは16チャンネルに戻します。さよなら!

  • こちらは〜→This is 〜
  • 右舷対右舷→Star-board to Star-board
  • 左舷対左舷→Port to port
  • お願いします→Please
  • 文の終わりを告げる”over”も使うことがあります
    例)I’d like to port to port, over?

今後船乗りに英語は必要となるのか

日本には外国人船員が内航船で働くことができないカボタージュという規則があるので、これが緩和されない限り船内で英語を使うことはあまりないでしょう。

それでも、海技学校では海事英語という講義がありますし、練習船|青雲丸では点呼時に英語を使って報告したりと外航船を意識した実習もしています。

船乗りの英語まとめ

現在、内航船において英語を使う機会はVHFでの外国船とのやりとりくらいと少ないです。

僕は沖荷役時に、外国人船員と会話することが楽しみで、彼らから自国の様々な話を聞き海外に興味を持つようになりました。こういったきっかけにもなるので、自分の幅を広げる為にも英語は勉強しておいて損はないと思います。

 

ではでは、ごきげんよー!!