IT

WordPress子テーマの作り方と作る理由を解説

こんにちは、ノマド航海士のナオマツモト@naosuke_shipです。

 

子テーマってどうやって作るの?
子テーマってよく聞くけどイマイチよくわからない。。

 

今回はこんな疑問に答えます。それではいきましょう!

 

そもそも「子テーマ」ってなに?

ワードプレスで作成されたサイトは必ず何かしらの「テーマ」を使っています。テーマとはサイトのテンプレートのようなもので、このテーマを変えるだけで簡単にサイトの着せ替えができます。

ほとんどの人はそのテーマを自分の使いやすいようにさらに編集して使用しています。しかし、せっかく自分仕様にしたテーマも更新された際には元に戻ってしまいます

そうならないために、テーマのデザインや機能を引き継いだ「子テーマ」というものを作成します。

※元々のテーマのことを「親テーマ」、カスタマイズするテーマのことを「子テーマ」といいます。

子テーマの特徴

親テーマが更新されても、子テーマは更新されない

親テーマ子テーマが同じファイルにある場合、子テーマが優先される

子テーマの作成方法

今回はWPテーマ「Sydney」の子テーマを作成していきましょう。

1、新規フォルダの作成

超簡単、3秒でできます。

Macならデスクトップで2本指クリックして「新規フォルダ」を押せば出来上がり。名前はシンプルに「sydney-child」にしておきましょう。

2、「style.css」の作成

 

これを自分が使用しているテキストエディタにコピペすればOK。それを保存(⌘+S)して、「sydney-child」フォルダに入れましょう。

この中で大事なのは以下の二つです。

1、Theme Name: Sydney Child

2、Template: sydney

スペルミスで上手く認識されないことがよくあるので気をつけましょう。実際のところ、上記の2つ以外はなくても認識されます。

3、「function.php」の作成

 

これは子テーマと認識してもらうためのコードです。これも自分が使用しているテキストエディタにコピペすればOK。それを保存(⌘+S)して、「sydney-child」フォルダに入れましょう。

4、テーマ画像の設定

テーマをアップロードした時に表示される画像は「sydney-child」フォルダに入れるだけで設定できます。

これはなくても問題ないですが、ないと味気ないので入れるのをオススメします。

子テーマ「sydney-child」フォルダ完成

「sydney-child」フォルダ内が以下の通りになって入れば完了です。

子テーマをアップロード

続いては作成した子テーマをアップデートしていきます。

1、「sydney-child」フォルダを圧縮する(zip)

フォルダの上で2本指クリックすると、「”sydney-child”を圧縮」があります。

それをクリックするとフォルダが圧縮されたもの(zip)が出来上がります。

2、子テーマのアップロード

先ほど圧縮したzipファイルを以下の流れでアップロードしていきます。

管理画面>外観>テーマ>新規追加

>テーマのアップロード>ファイルを選択>今すぐインストール>有効化

その後以下の表示になれば子テーマのアップロード完了です。

まとめ

お疲れ様でした!

子テーマの作成は面倒かもしれませんが、今後も必要となるので覚えておいて間違いはないと思います。テーマによっては、子テーマフォルダを作成してくれている親切なテーマもあります。テーマをダウンロードした後に確認してみるといいでしょう。

WordPressのカスタマイズについては別記事で書いていきたいと思います。

 

ではでは、ごきげんよー!